カーポートのサイドパネルとは?メリットデメリットを解説!:情報ブログ|中京外構リフォーム

カーポートのサイドパネルとは?メリットデメリットを解説!2022/11/18(金)

 
本日は知っておきたい外構の豆知識! 
カーポートのサイドパネルについてご紹介いたします♪ 
ぜひ最後までご覧ください。 
 
 
 
 
  サイドパネルの役割とは?    
 
カーポートのサイドパネルとは、カーポートの側面につけるオプションのパネルのことです。 
サイズは1段・2段・3段などバリエーションも豊富にそろっており、上部だけを覆うものから全体を覆うものまで高さの調節が可能なんですよicon_058 
 
 
  サイドパネルをつけるメリット    
 
・雨よけ 
・目隠し 
・熱、紫外線対策 
 
上記のような効果を得られるので、サイドパネルを付けられる方、結構いらっしゃいますicon_022 
それぞれのメリットについて、詳しく解説していきますよ〜 
 
 
メリット 
 雨や風の対策に!  
 
せっかく屋根を付けたのに、横降りの雨のせいで車が濡れて結構汚れる。。なんてことを防いでくれるのがサイドパネルなんです! 
メーカーによって対応可能な高さは異なりますが、少々の雨や雪よけをしたい方はサイドパネル1段(約50cm〜80cm程度)でも十分ですが、足元まで防ぎたい方はサイドパネル2段〜3段(約2m程度)のものを選んだ方が良いかもしれません。 
 
 
メリット 
 目隠し効果あり!  
 
かすみ調などのパネルを取り付けることで、ちょっと気になるご近所の視線を目隠しでシャットアウトすることができます。 
 
 
メリット 
 熱対策や紫外線対策に!  
 
みなさんは夏場のお出かけ前に、エンジンをかけてエアコンをフル稼働させて車内の温度を調節したことはありませんか? 
屋根と同じくサイドパネルも熱線遮断ポリカーボネートを選ぶことで熱を遮り、車内の温度上昇を防ぐことができちゃいます! 
また、紫外線によるボディの色褪せも気になりますよね。。ポリカーボネート板は紫外線をほぼ100%カットしてくれるので、大切な愛車を守ってくれますよ♪ 
 
 
 
  サイドパネルをつけるデメリット    
 
デメリット 
 風の圧力がすごい!  
 
特に、台風・暴風の時はものすごい風がパネルを直撃することになり、強度面がちょっと心配。。 
サイドパネルを取り付ける際は、サポート柱をセットで取り付けることを強くおススメします! 
 
 
デメリット 
 パネルが動線の邪魔になる!  
 
高さが1段程度の低いものであればかがんで通ることもできますが、高さが高いものだと柱側からの移動ができなくなってしまいます。 
お隣さんの敷地側に柱がある場合は通り抜けすることはないと思いますが、広い敷地にカーポートを設置する場合には注意が必要ですね! 
 
 
■デメリットへの対策!
・お家のまわりの環境:気候や風向きなど 
 
・設置方向:動線の邪魔にならないか、風などの影響を受けないか
 
サイドパネルを設置する際はこのようなことに注意しておく必要がありますね! 
 
 
 
設置のご相談は中京ガーデンへ! 
 
サイドパネルを取り付けられるカーポートを工事費込みで販売中! 
現地調査・お見積も無料でご対応させて頂いておりますので、お気軽にご相談くださいね♪ 
 
 
LIXILリクシル (ネスカR 1台用) 
135,300 円〜 工事費・税込み
 
 
 
 
YKKAP(エフルージュ FIRST 1台用) 
133,100 円〜 工事費・税込み