カーゲートの基礎知識

カーゲートとは?

駐車場の入口に取付ける門扉です。

門扉の種類

カーゲートには、伸縮ゲート、シャッターゲート、跳ね上げゲート、引戸ゲートなどがあります。

カーポートは上からの雨や落下物から守るものに対して、カーゲートは入り口を塞ぐことによって盗難防止に役立ちます。
最近では、様々な仕様がありますので、勝手口の門扉として利用したり、駐車場の入口以外に活用する例もあります。

敷地の内外を仕切る「境界」としての機能

敷地を仕切る境界として

カーゲートは駐車場の門扉としてだけでなく、道路と敷地を仕切るという機能を持っています。

一番リーズナブルで敷地対応力に優れているのが「伸縮門扉」です。写真のように大きな面積を仕切ることもできます。

 

カーゲートを設置するメリット

不審者の侵入・車へのいたずら抑止

不審者の侵入・車へのいたずら抑止

道路と駐車場を仕切ることで、敷地内に人が入ってくることが防げるため、防犯対策・車へのいたずら防止に役立ちます。

一番防犯性に優れているのが、しっかり敷地内外を遮断することができる「シャッターゲート」です。

お子様の飛び出し防止

お子様の飛び出し防止

車の往来が多い道路に面した駐車場の場合、お子様の急な飛び出し防止に役立ちます。

カーゲートを設置すると、安心してお子様を遊ばせることができます。

ペットの脱走防止

ペットの脱走防止

ペットを飼っているご家庭にも、カーゲートはおすすめです。
 
「ペットガード」タイプなら、門扉の下部の隙間をできるだけ狭くし、ペットの脱走を防止します。
リードを付けずに敷地内で遊ばせることができますので、ペットのストレス解消にもつながります。

※猫には対応できません。
 また、小型犬や犬種によっては、対応できません。

駐車スペース以外の活用例

境界として

敷地と道路を仕切る境界として、フェンスの代わりにカーゲートを使用した施工例です。

フェンスと違って人の出入りができますので、敷地の活用の幅が広がります。

施工商品:LIXIL アルシャイン2 M型Aタイプ 片開き

勝手口門扉として

勝手口の門扉として使用した施工例です。

伸縮門扉は、狭い間口にも設置できるので、扉の開閉が難しいスペースにも利用することができます。

施工商品:LIXIL ニューエグジスXA型 片開き